光脱毛とレーザー脱毛はどちらの方が良い?痛さの違い

光脱毛とレーザー脱毛にはそれぞれにメリットとデメリットがあるため、それらを比較しながらどちらの方が良いかを見ていきます。

光脱毛

施術風景

まず光脱毛は家庭用脱毛器にも使われているくらい最も一般的な脱毛法だと言え、たいていの脱毛サロンで行われているやり方なので一番身近な脱毛法だと言うことができます。
そして脱毛にかかる料金も安く、学生さんなどお金にあまり余裕がないという人でも通うことができるので、これは一番のメリットだと言えます。
また、痛みをほとんど伴わないというのもメリットの1つだと言えます。

しかし、脱毛の効果があらわれるまでにはある程度回数を重ねなければならないため、なかなか毛がなくならないということに不安を感じる人がいるというのも事実です。

レーザー脱毛

レーザー脱毛はクリニックで施術を行うという特徴があり、フラッシュ脱毛よりは脱毛の効果があらわれるのが早い脱毛法だと言えます。
また、普通の脱毛サロンのようにサロンスタッフが脱毛を行うのではなく医療従事者が施術を行ってくれるため、安心して脱毛に臨むことができます

しかしその分料金は高くなり、痛みについても強くなるということができるため、脱毛にあまりお金をかけたくないという人や、できるだけ痛みは少ない方がいいという人には向いているとは言えません。

このように、フラッシュ脱毛とレーザー脱毛にはそれぞれメリットとデメリットがあるため一概にどちらの方が良いとは言えませんが、個人で料金や痛み、脱毛の効果などの点において比較してみると自然とどちらの脱毛法が自分に向いているかということが分かってくるので、自分に合った方を選ぶようにしてください。

比較しても分かるように、光脱毛でおすすめは シースリー脱毛です。

脱毛の際の痛い部位と痛くない部位の違いとは?

脱毛法にはフラッシュ脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛の3つがありますが、ニードル脱毛についてはどこの部位であってもとにかく痛いと言えます。
しかし、フラッシュ脱毛とレーザー脱毛に関しては部位によって痛いところと痛くないところがあるため、それについて見ていきます。

まずこれら2つの脱毛法は光を当てることで施術を行っていくのですが、分かりやすく言うと、紙に書いた黒い点を太陽の光を利用して虫メガネで焼いていくというような感じになります。
ですから、薄い毛にはあまり反応しないので痛みをほとんど伴わないということになりますし、太く濃い毛には大いに反応するため必然的に強い痛みを伴うということになります。

また、部位でいうと腕や足、背中やお腹など比較的毛の薄いところについては痛みはほぼないと言え、脇やvioラインなどのように太くて濃い毛が生えているところに関しては少し強い痛みを伴うということになります。

しかし、それでもやはり個人差があるため、腕や足のように薄い毛が生えているところであっても痛いと感じる人はいますし、脇やvioラインのように一般的には痛いとされているところであってもあまり痛みを感じないという人もいます。
また、痛いと言っても耐えられないほどのものではないので、そんなに恐れる心配はありません。